アントシアニンで眼精疲労を回復させよう|現代人の強い味方

50代以上の目を守る成分

錠剤

年齢を重ねると、どうしても気になり始めるのが目の健康です。臓器の中で唯一外気に触れるのが目です。紫外線に常にさらされる目は、毎日大きな負担がかかっています。また、パソコンやスマートフォンの普及により、ブルーライトからも攻撃を受けています。毎日蓄積していく負担が、50代を過ぎると一気に表面化していきます。緑内障や白内障などの目の病気を引き起こしてしまうため、目が受ける負担を軽減させる必要があります。そこで積極的に摂取したいのが、ブルーベリーに多く含まれているアントシアニンです。アントシアニンは目への負担を和らげてくれるほか、目の機能を向上させる効果を持っています。50代を過ぎたら、毎日必ずアントシアニンを摂るようにしましょう。

アントシアニンは、ブルーベリーだけが持つ成分ではありません。他にもアントシアニンを持つ食材があり、多くは紫色をしています。ブルーベリーの一種であるビルベリーは、ブルーベリー品種の中で最もアントシアニンの含有量が多いことで知られています。サプリメントの原料として使用されており、多くの方がビルベリーサプリメントを愛飲されています。また、カシスには、ブルーベリーやビルベリーには含まれていない種類のアントシアニンが含まれています。ブルーベリーやビルベリーと一緒に摂ることで、さらに目への効果を高めることができます。ブドウの皮にも、アントシアニンは含まれています。ポリフェノールも一緒に摂れるのが、ぶどうの魅力です。その他、野菜のナスにもアントシアニンの一種が含まれています。ナス料理は種類が多いため、様々な味を楽しみながらアントシアニンを摂れるのがナスならではの特徴です。