困ったことがあったら歯医者さんに相談!こんなこともできる

困ったことがあったら歯医者さんに相談!こんなこともできる

歯型

身近だけど知らないことは多い

虫歯の治療に越谷の歯医者さんを訪ねるのは基本ですが、意外なことまで相談できるので活用しましょう。まずは顎関節症の治療です。歯科医院では歯のことだけでなく顎や噛み合わせのことも相談できるのです。マウスピースを使って治療してくれるところがあるので悩んでいる人は助けを求められます。

訪問診療も頼むことが可能

年齢を重ねるほど歯の悩みは増えていきます。しかし、高齢になると外出も難しくなるので、歯の相談になかなか出かけられないという声も多いです。
すべての病院で行なっているわけではありませんが、訪問歯科も頼めます。この場合は治療費に加え訪問診察料も加算されるので覚えておきましょう。

質の良い入れ歯が欲しい

インプラントや差し歯が困難で、やはり入れ歯のほうがいいというのであれば、質の良い入れ歯を作る病院を探すことも可能です。インターネットサイトでは病院を紹介してくれるところもあり、地域から絞って義歯層補綴技術を持つ歯医者を探し出すことができます。

矯正装置を外すことも可能

インターネットサイトでは様々な歯科治療について紹介してくれていますが、中には一時的に矯正装置を外してくれる京都の矯正歯科医院もあります。思い出に残したいイベントでは、矯正器具を外したいという願いをかなえてくれるので多くの人に人気です。

歯列矯正の一般的なフロー

検査

矯正歯科治療ができる状態なのかどうかを確認する期間です。精密検査によって虫歯や歯周病が見つかった場合は治療をしてから開始することになります。この時点で矯正の方法についてプランを立てていきます。

矯正器具の取り付け

矯正器具を歯に取り付けるのにかかる時間は、矯正方法によって違います。ブラケット矯正の場合だと取り付けに2時間程度はかかるでしょう。マウスピースは付けるのに時間はかかりませんが、裏側矯正の場合は3時間はかかると考えていたほうがいいです。

治療期間

治療期間は状態や矯正方法によって変わります。ワイヤーを使った矯正で、表側ブラケットなら3年はかかります。裏側であればそれ以上の時間がかかるでしょう。マウスピース矯正はもともと軽度の不正咬合であるため、表側ブラケット矯正と同じくらいの期間です。

保定期間

理想通りの歯列に矯正して矯正器具を取り外すことができても、しばらくは通院しなければなりません。歯列がもとに戻ることを防ぐためにもリテーナーの装着が求められます。これも含めてトータルで表側ブラケットなら5年くらいの期間が必要です。

広告募集中